チャンピックスはストレスなく禁煙できる

チャンピックスの禁煙方法を説明していきます。まず、喫煙によって、脳内でどのような変化が起きているかというと、タバコに含まれているニコチンが、神経受容体に結合して、興奮物質のドーパミンやセレトニンなどの物質を脳内に放出します。喫煙者は、この作用によって、タバコが手放せなくなり常にタバコを持っていないと不安になる状態になります。ニコチンを切らしてしまうと、脳の神経はニコチンをくれと要求してきます。これが禁煙の難しいところで、ニコチン中毒の状態になってしまいます。禁煙を成功させるにはまず、ニコチンの受容体を消さなければなりませんし、タバコを吸っていたシーンでタバコを吸いたくなくなるようにしなければなりません。ニコチンの受容体が残っている時には、禁煙する時に大きなストレスがかかります。
チャンピックスを使った禁煙方法はどのように脳に作用しているかといいますと、ニコチンの受容体に対して、ニコチンではない物質を結合させて脳をニコチンが入ってきたと錯覚させます。ニコチンほどではありませんが、受容体からドーパミンやセレトニンが分泌されて、タバコを吸っているような状態にします。チャンピックスに含まれている物質に依存性が無く、ずっと飲み続けることを脳は要求しませんので、禁煙が楽にできるようになります。
具体的にチャンピックスを使った禁煙のプログラムの流れを説明します。まず、チャンピックスを手に入れるには、医師の処方箋が必要で、禁煙外来に通院すれば手に入ります。初めの一週間はタバコを吸いながらチャンピックスを飲みます。その後、タバコを吸わずにチャンピックスを飲んでいきます。初めは、成分が少ないですが禁煙した段階から多くなります。約3ヶ月のプログラムで禁煙できます。

■チャンピックスについて解説しています
チャンピックスの特徴と効果